仕事でたまに会っていた人とこの間久しぶりに会った。

久しぶりやね言うたらなんか浮かない表情。聞くと、某掲示板で名指しで誹謗中傷に近い事を書かれていて困ってるって話。そういう人を実際に目の当たりにしたことが無いということもあるけど、よくネットでどこかのだれかが炎上してるとかそういうのとは次元が違う感じがあるね。後でその掲示板見に行ったけど、もうガチだったもん。正味な話、程度が低すぎて梅干し食ったような顔になった。

そんなん訴えたら儲かるんちゃうの、と返したが、そう簡単なものでもないらしい。名前が当て字になってるとかなんとかかんとかでそいつのことだと特定できないとかなんとか。弁護士に聞いたとか言ってたけど、俺から見てもこれこの人じゃねってわかるレベルだから知ってる人には絶対にわかるはずなんだけど、もう一押し必要なんだって、知らんけど。そういう形で他にも名指しでめちゃくちゃ書かれてるやつも何人かいた。そいつは普通のやつで普通に良いやつなんだけどなんか癪に触ったやつがいるんだろうね。特定して痛い目に遭わしてやりたいと心から思った。

俺も全然意識してなかったけど、そういえば世の中ってこうだったよなって。ネットが行き渡るってことはこういうことなんだなって、その掲示板見てて痛感したね。もうアホらしくてしょうがない。はてブもたいがいだけど、比べ物にならないレベルでクソにまみれたスレだった。俺もどこかで名前書かれて有る事無い事書かれてたりするんかなって思ったらちょっと怖くなった。全然あり得ることだと思った。だってあいつがあんな目に遭ってるんだもん。

もうそんなの見るだけ時間の無駄だよって、こんなの気にしてても意味ねーよって、言ってやろうとしたけど、自分が同じ立場だったらそんなこと言われてああそうですねってなるだろうかって。ならねーよなあって。そう思ったら、なんか気の利いた言葉が出てこなくなっちゃった。