Netflixのドラマ「100万円の女たち」に赤井英和を見た

Netflixで興味を惹かれた作品をだいたい見尽くしてしまった。思ったより早かった。

こうなってしまうとサブスクが損に思えてしまう。過去の名作はたくさんあるので観てみてるが、どうしても既視感と今さら感が拭えない。懐かしさや面白さの再認識はあってもワクワク感がないんだよね。

ということで無理くり見るもんを探していて目に留まったのが本作です。といっても全然期待してなかったし観る前から脳内disが始まってた感じなんだけど、結果から言うと、ノンストップで全話一気見してしまった。話としてまったく面白くなかったにも関わらずこのような事になってしまったのは、主役の野田洋次郎の大根的魅力に一本取られてしまったからだ。

俺的オールタイムベストドラマランキングで殿堂入りしている「略奪愛・アブない女」の一番の見どころは主演赤井英和という名のぶっとい大根であり、英和は令和でも色褪せることのない千代に八千代に素晴らしい怪演だったのだが、ここへきて野田洋次郎というとてつもないポテンシャルを秘めた新星が舞い降りてしまったのである。

「100万円の女たち(以下100万)」のドラマ的構造は「略奪愛」と酷似している。脇に名優をずらりと配置して、その中心に一本のデカ大根をぶっ刺すというものだ(略奪愛はダブル大根システムであったが)。それはこの二作に限った話ではない。どうしてもこの構造でないとドラマとしての強度が保てないのだろう。100万もやはり、大根にダシを染み込ませるが如く脇役たちが十分に働いてくれた。そして大根に味が染みることはなかった。それで良い野田。

しかし頂けないのは、野田が大根であると同時にマグロだったことだ。英和は断じて違う。怯え、狼狽え、叫び、喜び、悲しみ、孤独、人間に内在するあらゆる感情を演じようしたのが英和だ。その頑張りと空回りにひねたおかしみと愛らしさが宿るのであり、脇の俳優たちの魅力がより一層引き出されるのである。そこにこそ大根の真の存在価値があるのだ。しかし本作はそうではなかった。非常に惜しかったがそう言わざるをえない。まさかあのラストの一筋のスズメの涙を引き立たせるためだけにマグロを貫いた(貫かせた)などとは言わせない。そんな小賢しい小手先の言い訳クソ演出など絶対に許さない。まあ100万はリアリティのかけらもない作者の浅い都合だけで転がる山田悠介的フィクションなので内容にチャチャを入れはじめると苔がむす。ここも残念と言えば残念。野田にはもっともっと苦悩し、嘘をつき、嘘がバレ、狼狽し、落ちぶれ、身悶え、狂い、戦慄し、嘶く、そんな魂の演技をさせて欲しかった。

そういえば、山中崇がね。すごく良かったんだけど、使われ方がマンネリ化してますね、これは。怪しすぎるけど実はいい人でした、もしくはその逆。でもこの殻やぶるのは難しそう。北野武が鉄砲玉で使ったくらいだもんな。

 

結果、赤井英和の素晴らしさを再認識することになった。今も役者として活躍していて嬉しい。もっと赤井が観たい。野田は赤井の背中見て精進してほしい。

 

ところで、100万は原作が漫画で、作者青野春秋の別の作品には「俺はまだ本気出してないだけ」があり、こちらもなぜか映像化されている。正直どちらも作品としては特筆すべき点もない凡作で、青野には映像化されてしかるべき実績も人気もないのだが、これはよからぬ力学が働いているのではないかと邪推せずにはいられない。もっと素晴らしい原作や陽の目を見るべき創作者はほかにいっぱいいるだろうに。

あと、音楽にスチャダラのSHINCOが参加しているのをスタッフロールで知ったが、chimpo に空目した。