コロナの影響で迷惑メールがすっかりこなくなっていたのだが、昨日あたりから来るようになった。量が多く、文面も思い切り日本人向けになっており、ネタ臭が特に強くなった。迷惑メールを報告してもなにも変わらない。フィルタもとうに登録限度いっぱいだ。ああめんどくさい。

あれから数本の動画を投稿した。初めて自分以外からのアクセスがあった。二桁いかないくらいの視聴数で、なんの反応もないが、とても嬉しい。しかし、それらの動画は、なんというか、そこらへんにあるような動画だ。俺の好みを90%排除し、よくある煽り文句をよくある配置にしたよくあるサムネのよくある動画だ。俺好みに作ったものは今でも俺しか見ていない。ゼロから始めるには色々と妥協が必要ということか。自分の好みを人に見てもらうには技術なりコネなり運なり、それなりの何かが必要なのだ。誰にでも見てもらえるようなものはそれなりのデザインがあって、なるべくしてそうなっているわけだ。こうして書いてみるとまあ当たり前だよね、と思うが、実際はそのことを忘れがち。勉強になる。

そういえばローソンの商品のデザインが一新したが、非常に評判が悪いようだ。確かに俺もあれはいただけない。商品のことが直感的になにもわからないデザインなんて価値としてはマイナスだ。それよりも驚きというか哀しみというか、デザインとしての価値は置いといて、あのデザインをお洒落なものとして受け取っているという声が少なからずあるようだ。ええー。

そりゃあローソンに置かれるってことは何百万何千万って人達が毎日見るわけじゃん。そういう場所に置かれたらねえ、気に入ったって言う人もいるんだろうよ。俺の動画だってそうに決まってるさ。ただね、俺の動画が例えば見る人に価値を与えているかというと、自分で言うのもなんだがそんなことは無い。ローソンのデザインと同じだ。ただ、あんなに自分の好みを前面に押し出したデザインをたくさんの人に見てもらえるということはそれ自体が幸せなことだし、今回のように怖いことでもある。たくさんの人に見てもらえたら、評価してくれる人は必ずいるんだ。

書いてて何が言いたいのかわかんないけど、自分の好みをたくさんの人に大きな声で発表できる場をもらえるって良いことだなあと。