あれから動画を数本作りアップした。そして数日が過ぎた。依然としてどの動画も視聴回数はゼロだ。俺以外誰も見ていない。「YouTube 見てもらうには」みたいな検索をかけて色々な記事を見る。しかしそこに書かれていることに俺が欲しい情報はなかった。インプレッションだのアナリティクスだの言うてるけど、そもそも誰にも見られていないんだっつーの。こないだも書いたかもだが、まず見てもらうためには、ツテを頼るしかない。互助会的な行動をしなければならないということだ。これははてなブログ界隈では絶対的な悪事とされていることだ。それは俺もあまり好まないことだ。それは行為の善悪ではなく、そういった行為が恥ずかしいものという考えがあるからだ。それは先入観や偏見といっても差し支えないかもしれない。なにせやったことがないのだから。このブログもずいぶんと長いことやっている。そういった宣伝行為は一度もやったことがないが、幸いなの。かなんなのか、少なくても1日に数人の人は見てくれているようだ。といっても、すでにここへのモチベーションも無いし、これまでに書いてきたことも消してしまいたいことばかりだが、それでも誰かが見ていることだけは間違いない。しかしyoutubeは誰も見ていない。誰も俺の存在を認識していないのだ。これが思いの外キツい。何度でも言うが、はてなブログではそんなことは起こらなかった。これは実はすごいことなのかもしれない。批判されたりバカにされたりするほうが数億倍マシだ。1pvでいいんだよ。ゼロとイチは違うんだよ。存在してるかしていないかの差がゼロと1なんだから。この差はヤバイでしょ。本当に嫌だったし、今でも抵抗があるが、少ない知り合いに動画を見てもらうようにお願いすることになるだろう。とにかくレスポンスが欲しい。もうね、なんでもいい。まさかこんな気持ちになるとは思わなかった。今のところは特に見てもらわなくていいかなと思ってたけど、流石にオールゼロではね、存在自体が認知されてないって寂しすぎるにもほどがある。ここにいるのに誰にも認識されていないって幽霊じゃんそんなん。幽霊ってこんなに淋しかったんだね。もし会ったら絶対に優しくしてあげよう。