ダサいってなんだろう

いつものようにyoutube観てる。何度更新してもおススメ欄にはいつもおんなじような動画が並ぶんだけど、たまに ん? ってなるのがぶち込まれる。

 

それがSOUL'd OUT だったわけで。

あー知ってる知ってる、あのクソダサいやつでしょ。ドンキとかで流れてそーな。聴いたことないけど。的な。

 

 

だっせえなあーと思いながら最後まで聴いてる自分に気がついてあれ?ってなるこの感じ。

そんなバカなと思いながらも何度も何度も聴き返しちゃう。何度聴いても感想は変わらない。

そんなウェカピポについたあるコメントを見て俺は超納得した。

 

1回目再生俺 だっせw

1000回目再生 だっせw

6000000回目再生 だっせw

 

まさにこれだった。厳密に言うと、じつはダサくないのでは、みたいなことがちょっとよぎって、いややっぱだせえかー!ってなるのが10000回くらい周期でくる。でもね、ダサいと思ってるのになにがダサいのか、なんでダサいのかってことが言葉にできないんだよね。ダサいと思いながらまったく聴き取れないラップの語感を超楽しんでたり、攻めてるような気がするけどとりあえずダサいビートがいつのまにか癖になってたりしてる。もちろん映像の方のダサさも軽く致死量超えてる。なのに聴いてる。歌詞を追おうとしてる。絶対に無理なのに口ずさもうとしてしまう。アーラアーラアラナーミタツを待ってる俺がいる。しまいにはダサいっていったいなんなんだろうって。これは二律背反なんだろうかと。ダサいという感覚はいったいなんなのか。俺は何をダサいと感じて何をダサくないと考えているのだろうか。俺の価値観が根底から揺さぶられる。ダサいくせに。共感性羞恥的なナニカを感じたりもするし、ハイブリッドに進化したmcat的なあの頃の記憶が蘇るノスタルジック的な(聴いたこともないくせに)ナニカのような、頭の中ではナニカしら理屈こねて納得しようとしてもどうもしっくりこない。どうしても言葉にできない。頭がおかしくなる。自分とはこんなにも曖昧なものかと。ああ俺って雰囲気で自分やってたんだなと。そんなことを考えながらも他のPV観てアッオウ言ったりデベデベデイ言ってる。ていうかこれ公式のチャンネルでほとんどのPVをただで配信してんじゃんって。普通に観てたけどよく考えたらこれも相当ヤバイ。結局何一つ言葉にできないまま、取り憑かれたかのようにSOUL'd OUT漁ってて、危険ドラッグやったみたいな感じだった。なんかコメントでR指定が超リスペクトしてるみたいなこと書いてあって超納得。まんまじゃんっていうね。影響受けすぎてんだろっていう。SOUL'd OUT好きは隠れキリシタンなもんだっていう例えもよくわかる。ここまで書いた後でもっかい聴いてしまっている。そしてやっぱりしっかりダサい。

 

他にも隠れキリシタン的なやつをカミングアウトすると

これはロンバケのインストのなんかのやつ。CD持ってたけどどっかいった。

でもこういう感じでもないんだよなあ。