方言

18で上京する時、親父のレコードからマーヴィンゲイのwhat’s going on をダマで持ち出した。背伸びしたかったからだ。当時はこの言葉の意味がよくわかっていなかった。

もう少し年を取って、ハンク ウィリアムスの hey good lookin’ を初めて聴いた時、whatcha got cookin’ というフレーズが印象に残った。なんとなく what’s going on と同じような意味なんだろうなと思った。

 

 

わたしの故郷の香川県の方言に「なにができよんな」というのがある。

これも what’s going on や whatcha got cookin’ と同様に「なにしてんの?」的な意味の言葉だ。

 

これがにこるんの黒歴史にならないことを祈りつつ

 

「なにしてんの?」ではなく、親しみやユーモアを込めて表現を変えていると思うわけだが、こうした遊び心に国や時代を越えた人間らしさのようななにかを感じる。世界の距離がぐっと縮まったように感じる。

What’s going on には都会的なスマートさを感じる。whatcha got cookin’ は直訳的にも意味が似ているし、あか抜けないくだけた感じが香川っぽい。まあ英語的な意味の正確さについてはからきしわからんのだが。

これが大阪だと「もうかりまっか?」になるのだろうか?この表現には積極性があって実に大阪っぽい味わい深さがある。

他の県や地域でもその土地柄を現す遊び心ある表現があるのだろうか。

そんなくだらないことを肴にひとり一杯やる。