ネットバカロワイアル

数年はてブをやっているが、ホッテントリのラインナップに頭のおかしい人の事例が年々増え続けてなんかもうパンパンになってきたなあと、コメントもそういうの増えたなあと思いながら見るようになってたんだけど、とうとうわたしにもネットでバカの相手をしなければならない状況が到来してしまいました。ネットで議論(笑)みたいなことではなく、ざっくり要するとモンスタークレーマーa.k.a.バカなんだけど、改めて痛感したのは、頭のおかしい人とは絶対に対話が成立しないということでした。自分の我をゴリ押ししてくるだけで理解の粒度以前の問題だから、説得を試みるとかお互いの妥協点を見出そうとか無理なんですよね。ネットだとこうした文字でのやりとりしかできないわけだけど、こんなんもんでどうなるもんでもないんだよな。メール通知が来るたびにオーラがブワっと噴き出てめっちゃ疲れる。でもゴネりを通すわけにもいかない。いくつか想定できる未来はぜんぶこっちだけが大損をするものだけどそれでも逃げるわけにはいかないとか青年漫画かよ。気がつけば死なばもろともみたいな精神状態になっててなんなのこれ。早く平穏な世界を取り戻したい。

ネットがバカに対する愚痴であふれるのはもうしようがない。ネットに限った話じゃないし、利用者が増えたことの副作用とも言える。有吉弘行の「売れるってことはバカに見つかること」という金言もあるしね。youtubeでも、新しく始まった動画をチャンネル登録者が二桁三桁の頃からずっと追いかけてると、人気が出てくると必ず頭おかしい人がコメント欄に湧いてきてネバついてくるんだよな。頭おかしい人のネバつきは人気のバロメーターとも言えるわけで、悲しいかな、そういうネバつきがなくなるとチャンネルコンテンツとしての勢いも無くなるんだよね。配信者が辟易して配信やめたりすることもしばしば起こる。なにかしらを表現して人気を得るためにはバカとの遭遇は避けようがなく、むしろバカに見つけてもらい一定数集まってもらう必要があるわけだ。そしてバカの相手はめっちゃ疲れる。だから演者と客とは一定の距離を置いておくべきだし、客商売はだいたいそういう暗黙の了解があるわけだが、それをぶち壊してバカとクロスレンジで殴り合って金を巻き上げるという邪悪で下品なシステムを導入したのが秋元康率いるAKBグループだったわけだ。会いに行けるアイドルというキャッチフレーズでもって演者と客の間にある絶対に超えられない見えない壁をとっぱらった風に見せて(実際は壁の製作運営をレオパレスグループに委託したような程度だが)バカを釣り上げるというね。地方にあるエロ本チェーンがセクシー女優呼んでイベントやる的なことをアイドルでやってのけたわけですよね。拝金主義的には慧眼という見方もできるのだろうけど、恥も外聞もないやったもん勝ちな手法はやっぱりよろしくないし、民度に及ぼす影響も少なくないと思う。あの手のファンがテレビでインタビュー受けてる姿とスタジオの演者たちがそれを見る目を見ていると心の底からげんなりする。