私の2018年

私の今年を一言で表すと「競艇」になる。

ほんとなんでもっとはやく出会わなかったのかと自分を責めるくらいに面白い。

展開を読むのも面白いし、レースそのものもダイナミックで面白いし、万舟もいくつか取ったし、ほとんど毎日やってるし、年末年始も開催してるとかちょっとやりすぎじゃないってくらいやってる。

競馬をやる人はまわりにたくさんいたし、やってはいたけど、どうしてもハマれなかった。わかんないんだもん、展開とか馬とか騎手とか場とか。馬もいっぱい走るし。とうとう読む楽しさを一回も味わうことができなかった。競艇はそのへんの楽しみはしっかり満喫できるから勝ち負けにがっつり気持ちが乗る。

でもね、競馬がうらやましい。やってる人がたくさんいるから。

競艇や競馬みたいなギャンブルと宝くじやパチンコみたいなギャンブルの違いは、勝った金はどこからきてるのかってことなんですよ。

他のギャンブルは置いといて、競馬や競艇は、客対客の構図なんですね。客同士で金を取り合う種類のギャンブルなんですよ。だから参加者が多ければ多いほど配当がまぎれやすくなる。美味しい配当が出やすくなるんですね。

何においても賑わいはとても大事なことなんですね。

今やってる格闘技とかスポーツとかでもはやく金を賭けられるようになればいいのになと思います。

そしたらアホみたいな八百長やドーピングもなくなるし、選手もコーチも勝つための技術習得に貪欲になるから競技のレベルも上がるし、つまり馬鹿馬鹿しい指導もなくなる。さらに金が回るってんだからもうやらない意味がわかんないんですよね。

というわけでよいお年を