2018年 上期 最近見たドラマの感想

BSジャパンくノ一忍法帖 

 


ベッキーの芸能界本格復帰第一弾的なドラマ。非常に期待外れだった。2話から先が放送されず、ソッコーで打ち切られたかと思ったら、なんと第一、第二火曜放送だった。初めからコケることを織り込み済みってわけね。山田風太郎原作の映像化は、妖しいエロさをどう表現できるかの一点勝負だと思うわけだが、今作はそこらへんのB級時代劇となんら変わりなく、視聴者を置き去りにしたベッキー都合のやっつけ仕事って感じでとても気分が悪くなった。ちなみに木下ほうかもレギュラー出演しており、無駄遣いというかなんというか。

 

 

 

テレ朝 おっさんずラブ

 


あっそー、なんて訝しい思いで見始めたおっさんずラブは、ここ数年の日本ドラマで自分史上一番の面白さだった。ようやく市民権を獲得しつつあるBLドラマだが、安易ななんちゃってイケメンばかりの能面ドラマにしなかったのが良い。吉田鋼太郎が目で男と乙女を使い分ける感じが最高。緊張と緩和のお手本のようなドラマで、演技のコミカル成分が多めで、シリアスなことやってんのに自然と顔がにやけてしまう。それでいて、これで笑ってる俺ってやっぱり同性愛のことどっかで馬鹿にしてるってことなのかな、なんて心の隅で葛藤しちゃう感じも好き。

 

 

 

フジ コンフィデンスマンJP

 


第一話を見たが、見るべきものは何もなかった。なにもかも雰囲気だけ。実は空港の職員と乗車客全員グルでしたーw とか小学生でも恥じ入るレベルのクソトリック。

 

 

 

アベマ ブレイキングバッド

 


控えめに言って最高。やっぱアベマやな。

 

 

 

フジ シグナル

いやいやトランシーバーで過去と通信して当時の事件に介入して現在を変えよう的な。ちょっと陳腐すぎひんかと思いながらも、なんやかんやで毎回見てる。理由は北村一輝が出てるから。

 

 

 

テレ朝 未解決の女

 


このドラマ、キャストだけ見ると鈴木京香と波留がツートップ張ってるんだな思うんだけど、いざ見てみると、全員キャラが薄くて、いったい誰が主役なんだろう?って印象のドラマだった。鈴木京香がギフテッド的な、サヴァン症候群的な、人が書いた文字からいろいろなことを推理する車椅子探偵的な役割なんだけど、いくらなんでもこじつけすぎじゃないですかと、そこまでは断言できないだろと言いたくなるような推理で、ドラマ中でもモブ刑事にそういうことを言われて「だからやりたくないのよ」なんてへそ曲げるわけだけど、これってキャラの台詞として言わせてるけど、視聴者に対する脚本家の言い訳にしか聞こえなかった。

 

 

 

フジ モンテクリスト伯

 


とりあえず、数年間失踪してる人の顔とか声とかをそんなキレイさっぱり忘れるもんかね?と思った。ましてや嫁だったり、かなり親しい関係だったりするわけで、しかも陥れてるわけでしょ。結果殺したも同然なわけじゃん。そんな人のことは忘れたくても忘れられないもんじゃないですかね。ディーンの顔ちょっとイジるくらいしてよ、って思ったけど、だったらディーンは二話以降の物語をずーっとちょっと顔変えたままで出演し続けなければいけないわけで、せっかくイケメンなのに変な印象ついちゃうと今後の芸能活動に影響が出るとか考えたのかな、なんて雑念が湧いてしょうがなかった。