かゆい

かゆい。
手のひらから足の裏までいたるところに小さい発疹や水泡ができてすっげかゆい。
猫アレルギーおそるべし。
かゆみと一口に言ってもかゆみは奥が深い。猫アレルギーのかゆみは、蚊に刺されたのでもなく、アトピーのでもなく、かさぶたが取れそうなときのでもない何にも代えられないオンリーワンのかゆみ。
猫アレルギーにもいろいろあって、私は過去に何度も猫アレルギーを発症しているが、目が異常に痒くなる時もあれば、顔だけが異常にかゆくなることもあれば、ただただかゆい時もあれば、今回のように全身がかゆく水泡を伴う時もある。っていうか水泡なんてできたのは初めて。黒猫が家に来た時はそんなにかゆくならなかったし2日3日で治ったが、今回はちょっとヤバい。症状は今までで一番ひどく、長引きそうな予感しかしない。かといって猫を捨てにいくわけにもいかず。かゆくなるとわかっていながらも擦り寄ってこられると無下にはできぬ。
ひとつだけわかっていることは、猫アレルギーは我慢し続けていればいずれ必ず治るということだ。今までそうだったのだから、鯖猫の持つアレルゲンにいつかは体が順応してくれるはずなのである。私はそれを待つよりない。そう思うとかゆみが愛おしくなる。ということはない。