右折が憎い

世の中から右折が消えてくれればいいのに。
車の多い時間帯で国道から脇道に右折しようとする車のせいで渋滞するたびに思う。
脇道から国道に右折して入ろうとする車も同様だ。そうそう容易く入れてくれるわけがないのに、ずーっとそこで入れてくれるのを待っているのだ。
何が腹立つって、そこが右折でしか入れない道ではないことだ。ちょっと走れば信号がある交差点があったり、事前に信号から右折して脇道に入ることができる場合がほとんどなのである。そうしていれば最長でも信号待ちの時間だけで済むし、他の車を巻き込まなくて済むのに。ちょっと遠回りになっても、トータルで考えれば時間的にもストレス的にも得なのだから。入れてくれない車に腹を立てることもないし、無理やり横断しようとして危ない目に遭うこともない。それなのに毎日毎日そこを右折で入るなよってところで立ち往生している車のせいでちょっとした渋滞に巻き込まれる。まったくもって合理的ではないのに、曲がる時に反対側に思いっきり膨らませる巻き込み事故の潜在加害者がいつまでもそのことに気づかないように、わからない人にはどうやってもわかってもらえないのだ。
譲ってあげればいいじゃないか、と思われるかもしれない。しかし車を運転する人で、そういった場合に必ず、絶対に道を譲るような聖人は見たことがない。いるとも思えない。百歩譲ってそんな人がいたとしても、それが標準であるべきだなどと考えてはいけない。道を譲らない自由はなにがあっても認められなければならない。優先席を譲らない自由を認めなければならないのと同じだ。譲らない人には譲らない理由があるのだ。それは違法でも違反でないのだから、理由がなくともその行為の自由は認められなければならない。だから善意を前提にした決まりごとは上手くいかないし、それは譲らない人を責めるような意見は、社会における人間の自由を否定していることに他ならない。ただの野蛮なエゴイストなのだ。
だから悔しいけれど冒頭に書いた不合理ではた迷惑な右折の自由も認められなければならない。しかしそれらはたくさんの人を不幸にする行為なので私はそれらを憎み続けるし、警察はほんとうに事故を無くしたいと思っているのなら取り締まりよりも啓蒙を重視すべきだ。どれもこれも短絡的で独りよがりな偏見による間違った行動の例で、そういう人は人の話を聞かない人だから、もうどうしようもないんだけど、何か上手いやり方があるはずだ。例えばアメトーークとモニタリングと笑点あたりで企画をやればそういうバカも減るだろうのに。ついでにLEDのハイビームの暴力的な眩しさも断罪されればいいのに。あんなもんハレーション通り越して目がくらむわ。
しかしこういう公的な優しい利益ってのは効果が出るまで長いしわかりにくいし故に金にならないから資本主義的にはあんまり積極的にできることではない。炎上商法がたけなわなのはまさにこれの逆だからだ。これについては毎度毎度性懲りもなくマジレスしてるバカどもも同罪かそれ以上なんだけど、みんな自分だけは違うと思ってるんだろうなあ。