かわいいから殺したい

冬の終わりにもらってきた時は手のひらサイズだったけれど、もうすっかり子猫の体になった。

かわいい。

あんまりかわいすぎるもんだから、抱いているとき、たまにそのままグチャッと潰したくなる。

さすがに圧死させるわけにはいかないから、毛むくじゃらの体をグシャグシャに撫でる。

かなり手加減しているつもりなのだが、気がつくとかなり力が入っていて、クシャクシャにされている猫の嫌そーな顔で我にかえる。猫は馬のように走り去る。

壁側に隠れたつもりになっている猫が突然足に飛びかかってきてくるぶしに甘噛みするのが愛おしくて、そのままグチャッと踏み潰したくなる。

さすがに踏み殺すと後悔するから、地べたに寝っ転がって鼻をツンツンと叩く。

気がつくと、やはり体じゅうをグシャグシャっと撫でている。

f:id:friedhead:20170410205356j:image

広告を非表示にする