面白くない互助会についての雑感

「ブログの面白さ」について2016年5月に沸き起こった議論の一覧 - シロクマの粘土板

議論というよりは話題といったほうがしっくりくる。少し前にも同じような話題があったのだが、そのころと比べてわたしの考えが変わってきているので書いておく。

「面白い」という感覚は主観であるのだから正解も間違いもなく、ただ自分の好みに合わないからといって面白くないとか互助会だと言ったところで、テレビ番組に向かってつまらないと言っているようなもので、運営側やあちら側としては「お前のためだけのものじゃねーんだよ」としか思わないだろう。つまり、いちゃもんをつけてるだけに過ぎず、コンビニのレジで「俺の価値観に合わせろ」と店員に吠えてるようなもので、むしろその身勝手さが痛々しい。

面白さについて何かを語ろうと、ましてや何かをdisろうとするのなら、なにかしらの面白さのよりどころを作ってやらないといけない。この場合、まず自分の中の面白さの価値観を説明しないことには、その論の筋が通らない。相手をつまらないと批判するだけでは、自分の面白さの感覚を説明していることにはならない。自分の面白さの感覚については一切触れずに、相手のつまらなさばかりを批判しているのでは、むしろ批判すること自体がその人にとっての面白いことになっていると思わざるをえない。上のまとめにもそう思わしき人がいる。この関連のブコメを見るに、そういう人が多かった。つまり、「面白くない」と目を吊り上げて批判することに、面白さを感じているのだ。炎上案件にわざわざブコメをして皆の目に触れるようにしてしたり顔で批判する人は、そういう人なのだ。面白いよりも面白くないことに目を光らせているような人が、面白いについて何かを言わんとするのはとても違和感がある。

この話題の発端である不倒城の人のブログは、自分が面白いと思っていることを書いていることがどの記事をみても、門外漢であるわたしに伝わってくる。それが読者にとって面白いかどうかは別の話だが、わたしはこの人の記事を全部読みきることが少ないのだが、それでも定期的に訪れるのは、「自分が面白いと思っている」という意気が伝わってくるからであって、それだけでもなにかしらを得たような気がするからだ。

シロクマさんは、「他人の執着」に執着があることを何度もブログに書いている。なので彼の面白さとつまらなさの境界線はなんとなく察することができる。しかし彼の言う、またこの話題での「面白くない」ブログとそれらがはてなブックマークを汚染している現状には並ならぬ執着が関わっているはずなのだが、それについて面白さは感じないのだろうか。

電池の人は、もやもやしたものをそのまま書いている感じがして好感が持てる。後の人は知らん。

で、上の人たちが揶揄しているのは、以下のような人たちなわけなんだけれど。


おそらく、思うようにPVが集まらなかったのだろう。輪の中でうまく立ち回ることができなかったのだろう。でなければ互助会を辞めはしない。個人的には、登場人物の中でこの人が一番信用できない。誰かと一緒に何か悪いことや人に言えないことをするときに一番気を使うのは、そいつがチクるやつかどうかだ。その互助会を叩き潰すための覚悟があるのならまだしも、このような中途半端な暴露になんの意味があるのか。このような暴露をするからには、彼女にもなにかメリットがなければいけないのだが、それはなんだろうか。PVは得られたかもしれないが、その後になにを書いていくんだろう。基本的に暴露記事が出ると、そのからくりはすでに陳腐化してしまっていることが多い。互助会は新たなステージに進んでいるのかもしれない。

f:id:friedhead:20160601160609j:image

漫画「へうげもの」の一コマ。
本能寺の変を起こしたが、他の武将が後に続かない明智光秀と、打倒明智を掲げ、次々と協力者を増やしていく羽柴秀吉の違いを羽柴本人に語らせている。

互助会も詐欺も、このような意識が強く働くのだろう。誰でもそうだが、何よりも先に考えるのは自分がどれだけ得をするか、ということだ。システムの隙をついて、ブログの知名度を高めようとする互助会という名のネットワークは、その意図が誰にでも理解できるため、好ましいかどうかは別にして納得しやすい。参加した自分の得も、やるべきことも、被る損も想像しやすい。故に参加しやすい。そして今、まんまと成功らしき結果を収めているわけで、それを批判しようという正義の人たちすらもブックマークという行為で拡散に加担しており、 目も当てられない有様となっている。つまらない、面白くない、という人が、自分の中の「面白い」を披露することもなければ、現状がどうしてこうなっているのかという考察もなく、受け入れようとする寛大さもなく、ただただ俺に合わせろ、俺が正しい、と駄々をこねながら、炎上狙いで書かれた記事をブックマークして拡散しているのだ。アホらしくなってくる。


エンタメ業界ではこのようなやりかたがひとつのセオリーとなっているのだろう。女性週刊誌やスキャンダル雑誌やワイドショーみたいなものだ。受け手が何か言いたくなるような、気持ちよく勝ち馬に乗れるような、簡単に優越感が得られるような、そんな隙のような罠のような餌のようなものが散りばめられている。そういう甘いものに釣られて相手をするから目につくのであって、荒らしにかまうやつが真の荒らしなのであって、しかしそれはそれで当人にとっての「面白い」なんだろうな、と思うし、そういう人がいつの時代も多数いるから成り立ってきたし成り立っているのだろう。結論、現状は常に最善なのだ。それでも不満があるなら自分を変えろ!それも嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!それも嫌ならカスタマイズしろ!