BONNIE PINKと中島らも

BONNIE PINK の世界 その1 - のえる(仮)のなんでもかんそうぶん

懐かしいなんて言うと失礼なのだが、BONNIE PINKと聞くと、中島らもを思い出す。
まだ危険ドラッグが合法ドラッグと呼ばれていた頃、中島らもの小説「永遠も半ばを過ぎて」の映画化「lie lie lie」見た。映画自体とても面白く、主題歌の「lie lie lie」も映画の雰囲気と合っていてとてもいい曲だった。それを歌っていたのがBONNIE PINKだった。そんなわけで、今でもこの曲だけはよく聞いている。

Lie lie Lie [VHS]

主役に豊川悦司鈴木保奈美佐藤浩一を据え、監督は「十二人の優しい日本人」の中原俊
この映画はDVD化されていない。

映画の中でこの曲を聴いた時、この映画のために書かれた曲だと思ったのだが、どうやらそうではないらしい。それにしてもぴったりの曲だった。不思議なものだ。

BONNIE PINKは以前より映画の主題歌の依頼を受けていたが、自身のオリジナルアルバム『Heaven's Kitchen』に収録されていた曲と映画の題名が偶然にも一緒だった
エンディング・テーマの「たとえばの話」は、デモ・テイクだった曲を映画で使いたいとの依頼により、日本でレコーディングされた新曲である。BONNIE PINKの楽曲以外の挿入歌は吉俣良が作曲・アレンジを担当している。CDケースは映画のフィルムを模した凝った造りになっている。

セルフカバーしてるん



広告を非表示にする