読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者の人こそ、81dojoで将棋を指してみてほしい理由

角道を止める四間飛車しか指せない、わたくしでございます。

ハム将棋など、簡単にAIと対戦できるところや、チャットしながら対人戦ができるところなど、インターネットで将棋を指せるところはたくさん増えました。たいへん喜ばしいことだと思います。

そのなかでも、日本将棋連盟が公認しているサービスはふたつあります。
将棋倶楽部24」と「将棋ウォーズ」です。
将棋を指す人は、このどちらかはやったことがあると思います。

将棋倶楽部24は比較的古く、シンプルな作りサービスです。老舗といったところでしょうか。わたしが本格的にネット将棋を指したのは、ここがきっかけです。

特色は
  • 参加人数が多い
  • 参加者のレベルが比較的高い
  • 長い持ち時間の将棋が指せる
  • 大会を多く開催している
  • チャットで感想戦ができる
などが挙げられます。

次に将棋ウォーズの特色です。
  • 参加人数が多い
  • エフェクトや演出が多彩で目にも耳にも楽しい
  • 切れ負け将棋や秒読み将棋など、短期戦ルールの採用
  • 自分の戦略分析をしてくれる
  • 大会やイベント盛りだくさん
  • 対局中に、ソフトが助けてくれる(棋神)
などが挙げられます。将棋のエンターテイメント性をすこし強めたような感じですね。

どちらもたくさん人がいて、盛り上がっています。
それはいいんですが、わたしはもうひとつのサービスを推したい。強く推したいのです。

それが、81dojoです。

こちらは、将棋連盟後援のサービスです。後援というところが泣かせるじゃないですか。

そんなことはどうでもよくて、わたしがこのサービスでとても気に入ったのは、感想戦の機能がとても充実しているということです。

f:id:friedhead:20160131014958j:image
これは81dojoで対局が終わったところです。
81dojoならではの機能を簡単に説明します。

  • 局面を自由に再現に別の分岐を対局者と検討できる
(ここでこう指したらどうなっていたのかな)と思うことは誰にでもあると思います。ネットでの対局だと、ある局面からの変化をチャットで検討することはできても、盤面の駒を動かすことはできませんでした。プロじゃないんだから、じっさいに駒を動かさないとわからないですよね。しかし、81dojoではそれができます。自由に局面をさかのぼり、分岐を対局者と一緒に自由に検討できます。これができるのは、81dojoだけです。じっさいに駒を動かして分岐を検討でき、いつでも本譜に戻ることができます。これはとても便利な機能です。

  • 盤面に矢印を書ける
赤丸印を見てください。金から緑の矢印が出ています。これは、わたしが書いた矢印です。じっさいに金は矢印のようには動けませんが、こうして自由に矢印をひけます。感想戦の際に、駒を動かさずに矢印で簡単にすばやく、自分の狙いや不安を示すことができます。いざ使ってみると、これがなかなか饒舌でして、駒の利きや攻め筋の考えが相手だけでなく、自分にもよくわかります。この機能も、ありそうでどこにもない、81dojoならではの機能です。ブラウザ版でもアプリ版でもできます。

  • 無料!
将棋倶楽部24も将棋ウォーズも、アプリ展開しています。どちらも基本無料ですが、将棋倶楽部24は一日一局、将棋ウォーズは一日三局の対局数制限があります。この制限をはずすためには月額料金を払う必要があるわけです。しかし81dojoは無料で指し放題です。※将棋倶楽部24はブラウザでやるのは無料

あらかじめ、設定画面から感想戦をしたいかどうかも伝えられるので、感想戦に応じてくれる人も多いです。※詳しい設定はブラウザ版でしかできません
f:id:friedhead:20160131110902j:image
設定→通信から三段階で設定できます。

感想戦は、将棋の上達のためにはとても有効な勉強法です。ネット将棋の感想戦を楽しく、面白いものにしたいという意気込みが伝わってきます。ほかにも、81dojoならではの機能はありますが、とりあえず、じっさいに使ってみてください。

81dojoは、ほかのネット将棋と比べて、参加人数が少ないです……
もっと81dojoを使って将棋を指す人が増えてほしいんです。