読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奴隷大国日本万歳

例の騒動で、図らずも例の尋常でない執着と政治力が白日のもとに晒された。アレほどのものを見せられてなお、例の商品を買おうという人たちの心境はとても理解できないのだが、確実なことは尋常でない力で理不尽に支配する前時代的で野蛮で粗暴で退廃的な組織の支援者であるという事実だ。アイドルに熱狂する白痴どもの群れは、まるでコロッセオで殺しあう奴隷に熱狂する下級市民のようで味わい深い。いや、奴隷制度が廃止され忌まわしきこととされた現代において、それはもう理性知性を失った人間の形をした下等生物であると言っても過言ではない。ちなみにコロッセオで蛮勇を振るう奴隷もまた、女にモテたそうだ。当時、奴隷はただの奴隷でしかなかったが、奴隷制度は絶賛稼働中なのである。制度を維持するための手法は狡猾に進化した。奴隷は、奴隷に見えぬよう、外見を綺麗に飾り立てられた。性的欲望を掻き立てる振る舞いを仕込まれた。かくして、庶民の奴隷への意識は魔術のごとく霧散せしめられた。差別に対する啓蒙があちこちで繰り広げられているにもかかわらず、奴隷によるいじめを苦にした奴隷が首を吊り、奴隷のパワハラに病んだ奴隷が電車に飛び込み、奴隷の運転するバスは横転し、奴隷は今日もテレビで躍動する。総理は讃える。このような卑劣で野蛮な奴隷制度を用いた商売が超巨大で独占的な市場となり跋扈するのである。憲法などというものは存在せず、法による管理は奴隷だけの特権なのである。これが文化だ!これが人権だ!これが人間だ!これが歴史だ!ああ日本よ!万歳!万歳!万歳!
広告を非表示にする