読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嗜好の系譜は人それぞれ

好きなミュージシャンが、別の好きなミュージシャンの曲をカバーしていると、とても嬉しくなる。それが知らないミュージシャンの曲でも、たいてい好きになる。そうして過去を遡っていくと、当時はわからなかったつながりが見えてくることがある。それに気づいた時の高揚と恍惚は、他の何にも代えられない。

昔の作品を知ることで、新しい作品がより深みを増す。温故知新とは、少し違う感覚だ。もちろん、音楽に限った話ではなく、全てに言えることだ。

古いものから、ある部分を取り出して、新しいものを創造する。さまざまな作品は、こうして創られてきたし、これからも創られていくのだろう。たくさんの作品や経験から、何が、どのように取り出され、どのように加工されるのか。無数の枝に別れていく表現の形を、全て知ることはできない。

ある作品に心を打たれたとして、その出会い方は、どの道をたどってきたのかは、人によってさまざまだ。だからこそ、似たような系譜をたどってきた人と出会うと、心が弾む。その作品から、どのように系譜をたどっていくのかも、人それぞれ。

枝は無限に別れ、伸びていく。ただ消費するだけでは、もったいない。


広告を非表示にする