ロカビリーを聴こう"The Blue Cats"

流行は一定の周期で繰り返すっていうじゃないですか。

小学生がダンス必修になった流れから、ヒップホップやブレイキンみたいな音楽がこれから増えていくのかもしれません。それはそれで望むところなんですけどね。それも以前にあった流行ですしね。

日本の音楽の流行っていうのは非常に速度が遅くなったように感じます。ジャンルの幅を超えて画一化しているというか、なんというか。ファッションなどカッコよさの価値観を世間ごと巻き込んだ劇的な変化を起こすような音楽によるムーブメントって何年も無いなあと感じるわけです。もうそういうのはないのかもしれんね。

まあ、それも自分がそう感じているだけで、実際はそうではないもかもしれません。今の音楽事情に疎くなったということでしょうね。


脱線しまくりましたけど、何が言いたいかっていつになったらロカビリーのターンがやってくるんだってこと。

Blue Catsの解説は、このブログを読んでいただければよろしいかと。
だってこんなに詳しくないもん。勝手に貼り付けてすいません。

それにしても、ロカビリーの好みを追いかけていくと必ずマークハーマンが顔を出してくるんだよなあ。運命感じちゃうレベル。