読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「フリップやモニタに答えを書く」方式の番組を見ていて思うこと

雑記 テレビ番組
何かしらの問題が出て、回答者の芸能人がフリップとかモニタに答えを書いてババンッて出すじゃないですか。で、毒舌の芸人司会者が回答を見てツッコんで回るわけじゃないですか。そんな時に漢字を間違っていることっていうのがしばしばあるんですよね。その漢字間違ってない?って思うんだけど、よほどの間違いでない場合それはスルーされるんですよね。

こっちはもやもやしたまま番組は進んでいくんだけど、じゃあ自分がその漢字書けるのかって考えた時に書けないことが多いんですよね。回答者もスマホ片手に書いてるわけじゃないから、自分の頭で漢字を思い出して書かないといけないわけで、思えばそんな状況って本当に少なくなったなあと。

いつかのIPPONグランプリの「放送コードギリギリの芸名」ってお題で、バカリズムが「桑田佳祐」もじって「咥田(くわえだ)圭祐」と書いたボケが一本取ったんだけど、漢字間違ってるんですよね。ボケの面白さ云々以前に漢字を間違っている時点で面白さがブレちゃってるわけですよ。「桑田」を少しエロいニュアンスを含んだ「咥田」に変えるというボケに「あえて漢字を間違える」というわかりにくすぎるボケを含ませることには一利もありません。回答を見た瞬間、直感的に「漢字おかしくない?」っていう疑問が湧いて、それが本来のボケへの理解を阻害するノイズになるからです。多分「本田圭佑」とごっちゃになってたんでしょうけど、どちらにしてもあえてやる必要は無いし、バカリズムはそういう芸風でも無いから普通に間違ったわけです。むしろ「咥」がポンと出てくるあたり、普段から本を読んだり文字を書いたりしてるんだろうなと思うわけです。しかしそれは松本人志にも誰にも指摘されることなく、笑いになり、一本を取りました。そこに凄い違和感があったんです。


f:id:friedhead:20151121004446j:image
字だけじゃ誰なんだかさっぱりわからないですね。
「咥田佳祐」とは少し印象が違って見えるのではないでしょうか。


それで私は(どんな漢字だっけ?)と思いながら考えたんですけど、漢字が書けなかったんです。つまり仮に私が「桑田佳祐」をもじったボケを思いついたとしても、それを回答として提示することは出来なかったんです。「咥田けいすけ」なんて書いても、それを見た人は「誰だよ!?」としか思われません。「桑田佳祐」の認識の中には「佳祐」という文字が潜在的に存在しているわけですから、文字として出す以上、そこは絶対に間違ってはいけない部分なわけです。そこでボケるので無い限り。この「漢字で書けない」っていうことはフリップでボケる場合、結構致命的だと思うんですよね。

翻ってクイズ番組なんですが、そういった漢字間違いって結構見受けられるんですよね。で、漢字がわからないからひらがなで答えを書くなんてこともよく見ます。でも漢字間違いについてやひらがなで書いていることに対しては、毒舌でツッコミが厳しい司会者でも結構おおらかなんですよね。これはなんでなのか。理由は二つ考えられます。

「自分が正解を提示できない場合が多い」から

司会者は構造上絶対に答えを知っている存在ですので、答えの間違いについては上段から大いに馬鹿にしたり弄ったりすることができます。しかしこれが漢字の間違いだった場合、それは想定外の間違いなわけで、司会者が答えを知らない場合があるわけです。絶対に答えを知っていなければいけない立場の司会者は、一度漢字の間違いを指摘したらこの先ずっと漢字間違いをわかっていなければいけない立場になってしまうんです。一度でも間違った指摘をすると、司会者の立場と信頼性が損なわれます。番組の笑いどころの進行や調整、役割の関係がおかしくなります。誰もがわかる変な間違いについては指摘しているのを見かけますが、微妙な間違いを弄っていることはほとんどありません

「その指摘を笑える人があまりいない」から

私は「桑田佳祐」を書けませんでした。思えばクイズ番組を見ていて「漢字で答えられない問題」というのは思ったよりも多いことに気付きました。答えは知っていてもその漢字が書けないんです。人名などは特にそうです。おそらくそういう視聴者はたくさんいるのだと想像します。そういう視聴者に向けて、いちいち漢字間違いを指摘していたらくどいでしょうし、揚げ足を取っているような感じがして不快に思う人も多いのだろうと思います。もちろん、正確な漢字を書くところまでを問題にしていることもあります。もしかしたら製作者側も番組作りにおいて視聴者の漢字の知識について結構気を使っているのかな、と思ったりもします。

クイズ番組は置いといて、IPPONグランプリのようなネタ的な回答をする番組においては、回答席に電子辞書を用意するなど、漢字間違いのない環境の方がボケがブレなくていいし、回答の幅も広がるのではないかと思ったんですが、即興性が削がれるほうがよくないですね。なんとかならないんでしょうか。絵で回答する、というのもそういう葛藤の結果だったりするのかもしれませんが、絵がうまいわけでもないからなんとも。そういう意味ではバカリズムは漢字も知っているし、絵もうまいわけですから、そら機転も効くわなという感じです。それにつけても、伊集院光が回答をひらがなで書いているのを見たときのガッカリ感。