やらない後悔よりやる後悔とはいうけれど

この一つ前の記事を書いたところ、ただでさえ少ない読者が一人、減りました。とめどなく押し寄せる後悔。しかし読者の一人増えた減ったで一喜一憂してるようじゃ何にもできない。とは思いつつ、わざわざ読者登録してくれた人に不快な思いをさせたということなんだから、そこは反省したい。こんな記事を書いても早速やったことに後悔をしているわけだが、コレ、やらなかったところで後悔なんかするわけないんだから、表題のような話ではなくて、マヌケってこと。

ジャンルを絞った内容じゃないだけに、何が面白い面白くないと思われているのか、それとも嘲笑されているだけなのか。ただの営業活動なのか。読者登録しているからって読んでいるとは限らないもんね。内容も特にないし。せっかくなんだから、っていうのはあるわけだけど、そちらからこちらが見えないように、こちらからもそちらが見えないわけで。その辺の距離感はネットへの慣れ、というよりは現実のソレと似たナニカのように思うわけで。

たまにプライベートなことを書きたい衝動に駆られることがある。ちょっと変な経験を聞いて欲しいっていう欲があって、そんなの増田や2ちゃんねるでやれって話なんだけど、その辺は多分よくない方の承認欲求が鎌首もたげてるかなと思ったりもする。少なからぬ懺悔の念もあるように思える。要は書き方の問題なのだろうけど。

で、私が人生で一番後悔していることは、告白された嘘を許すことができなかったことだ。それがやらない後悔だったのか、やる後悔だったのか、未だにどっちのなのかよくわからない。こんなものはつまるところ「物は言いよう、考えよう」ということだから、自分の都合のいい方に解釈すればそれでいいのかもしれない。だからといって後悔の念が消えることはないし、消してはいけない。後悔は、小さく畳んでしまっておくのがいいのだろう。後悔の念に蝕まれないように、そしていつかまた同じ後悔をしないように。