読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cild炎上から考える、良質な笑いと悪質な笑い(笑いとは言っていない)

注目を集めたいがゆえの行動が勢い余って家を焼いてしまう様は、つい先日ニコ生放送中にで部屋を燃やした人を思わせる風情です。きっとふざけてリンゴ売りの真似をしているだけなんでしょう。
少し前からなにやら思わせぶりなブログを書いていたこともあり、本人もしてやったりといったところでしょうか。もちろんPV報告まできっちりやってくださることでしょう。楽しみですね。

ほんで、擁護意見どころか完全に敵意むき出しの方がいらっしゃいました。
私としては、こういった勘違い勢が日本をつまらなくしていると思わざるを得ないんですよね。テレビ番組と一緒にするのは筋違いも甚だしいんじゃないかと思いまして。

バラエティ番組の大前提お

まず。フィクションというのはバラエティ番組の大大大前提なんですね。バラエティ番組は企画、構成、演出なんていうものを元にタレントが役割を演じているわけですよ。そういった映像を編集して番組ができているわけですよ。つまりこれから私達の芸であなたたちを楽しませます!というのが大前提にあるんですよね。芸能っていうくらいですからね。芸なんですよ、それは。本意だろうと不本意だろうととして解釈できる余地があるんですよ。で、テレビにくる苦情っていうのはそういう大前提がわかっていないか、それにしても過剰だろうというものなんですよ。ネットで炎上する芸能人にもそういった解釈は適用できるわけですよ。もちろんそうでない場合もあるかもしれませんがね。これと今回の件をいっしょにしちゃあダメです。

芸人としての実績も文脈もない

で、今回のようなネットで炎上している人にはそういった文脈があるんですか、と?そんなわけないですよね?どれだけの人がcildさんを芸人と認識しているんですか?っていう話なんですよ。もちろんそんなわけないですよね。ウチラの世界ではそうなのかもしれませんがね。仮にこれがネタだったとしてもね、知らない人たちにとってはそんなこと知ったこっちゃないんですよ。?本当にネタであるかどうかは別にして。

良質な笑いと悪質な笑い


あとね、ネタとしてやっていいことと悪いことがあるってことなんですよ。
やっさんブチ切れやん。こんなつまんないネタをやるライト兄弟なんてコンビが売れるわけないでしょ?天下なんかとれるわけがないよ。

要するにこういうことなんですよ。今回の場合は悪質な笑いですらなかったわけですがね。そこまでcildさんをフォローするなら、このネタの笑いどころを説明してもらいたいもんです。それが良い笑いであることを説明したげたほうが良い。それができないならやっさんのように叱ってあげることも、コンテンツを面白いものにするために必要なんじゃないんですか?

欧米人は、世間の評価に流されず、コンテンツに対して客観的な評価を下す事が多い。空気を読んで自分の意思を曲げるような人は少ないのだ。また、欧米人は自己中心的な人が多いので、叩かれる事も多いが簡単には引っ込まない。日本では引っ込んでしまう才能のある人達も、こういった理由から、欧米では結果的に芽を出しやすい環境にあると言える。
どうして欧米と比べるのかわかりませんが、その前に根拠がゼロすぎます。


もし、目指すべき方向性があって、それに少しでも手応えを感じているようであれば、引っ込まないで続けてほしいと思う。イケダハヤトのようなエンターテイメントとは関係も無く、ビジネス炎上目的の人々は消えなければならない(もちろん個人的な判断)が、潰れるべきでない人を潰そうとするのはどうかと思う。
私もイケダさんにはあまり良い印象をもっていませんが、それでも今回のような炎上とイケダさんの炎上とは桁単位で次元が違うと言わざるを得ません。イケダさんのサロンで勉強したほうが良いですよ。
叩いているあなた達クレーマーが、全てのコンテンツをつまらない規制の方向へ持って行ってる自覚はあるだろうか?コンテンツメーカーを潰しにかかるときはその都度自問自答してほしいと思う。
まず誰がどんなコンテンツメーカーなのかわっかんないんだから、コンテンツメーカーというんなら、まずそのへんを考えてもらいたいし、作ったコンテンツに対してまずメーカー側が自問自答してもらいたいと思う次第です。