「今日のダーリン」と「やらないほうがいいこと」

ほぼ日刊イトイ新聞に「今日のダーリン」というコラムのようなものが毎日更新されている。それが好きで毎日訪れるんだが色々と考えさせられる、特に今日のものは。で、それを引用して色々と考えたことを書こうかなと思ったんだが、結局やめた。なんでそうなるのかというと「今日のダーリン」はその日しか見れないからだ。方針として、アーカイブも残していない。なので引用したりこうしたブログに残したりするのは、糸井さんの意向というか趣向のようなものに泥を塗っているような気がするからだ。

と、思いながらもゲスな私は「これをコピペして残しておいたら……」などと思わず企み顏になっていた。で、とりあえず検索をかけてみたら、出るわ出るわ、コピペブログの山。その共通点は、まさしくコピペだということだった。そこには自分が見逃した回のものがあったが、不思議と読む気にはならなかった。「今日のダーリン」を読んで考えたことを書いているようなブログは、最低限の引用にとどめていた。慎みがあった。

「今日のダーリン」は太陽みたいなもんなんだと思う。毎日昇ってくるが、過去と同じものはない。しかもその太陽はしゃべりかけてくる。だからこそ、記録したくなる。しかしそこには人の意思、意向がある。自然を写真や映像に残して公開することとは、やはり違う。「やってもいいんだけどさ……」と苦笑混じりの声が聞こえてくるような気がする。それを野暮なことと思ってしまうのは、私の糸井さんに対する敬意からなのか、自分の中の決め事に対する遵法精神のようなものなのかはよくわからない。とにかく自分の中では「やらないほうがいいこと」なのだ。

そんなわけで、オフライン上に記録して、一人でこっそり読み直す。