読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動運転車は普及するんやろか?

雑記
自動運転車 超楽しみ! - Chikirinの日記

トヨタが2020年の実用化目指す自動運転車 実現すれば免許も不要に? - ライブドアニュース
そんな世界がくればいいなと思うけど、2020年というのはいくらなんでも気が早すぎる。

速度制限について

自動運転車は道路交通法を遵守する。もし事故を起こしたら、おそらくAIの設計元が責任を負わねばならないだろう。間違っても警察に捕まるわけにはいかない。つまり基本的に制限速度より遅いスピードで走ることになる。そんな車が気まぐれでせっかちな人間が運転する車の中にに混ざることになる。制限速度を守っているドライバーはほとんどいない。そうすると今以上に事故と渋滞が問題になると予想できる。これが全て自動運転車なら問題はないのかもしれない。

事故について

自動運転車が出てくると、「ほんとに車は自動停車するのか?」と走行中の車の前に飛び出してくる輩が必ず現れるだろう。当たり屋が光明を見出すかもしれない。運転マナーが問題視されることが多い昨今、高齢者の運転の問題もある。それは予防できる類の問題ではない。また実際に人や車に接触した時にはどうするのだろう。当て逃げされたら?車が故障したら?カメラやデータが壊されたら?どこまで自動でやってくれるんだろう。それらの問題に乗り手は全て対応できなければならない

誰が乗るのか

自動運転車はどういう人が乗るんだろう。高齢者化にともない、高齢者の起こす事故が多くなっている日本。そして高齢化が避けられない未来を考えると、やはり高齢者に乗ってもらいたい。しかし高齢者が自動運転車に価値を感じるだろうか。財力があるだろうか。操作できるだろうか。諸々の問題に対応できるだろうか。それ以前にその存在や操作を認知させることすら困難だろう。これは地デジ化の認知にどれぐらいの時間と金がかかったを考えればわかる。

普及が考えられる環境

観光地、遊園地、球場、倉庫内や工場内、病院内などの各種施設内での巡回的な運搬作業には良いかもしれない。しかしこういった作業は時に秒を争うような修羅場を展開することがある。自動運転が修羅場を乗り越えるにはそれなりの時間と作業環境が必要だろう。空や海に活路があるかもしれない。現状では公道での実現はかなり先になりそうな気がする。あと空爆とかとっこあsrがsrゔぁsrv