童貞ってビビってるだけでしょ?

女子に童貞のことを教えてあげます。

童貞じゃない男性である私から言わせてもらえれば、童貞がバカにされたり同情の目で見られるのは、もう仕方のないことなんです。なんでかっていうとみんな童貞だったからです。
誰もが童貞時代を拗らせて、バカな妄想や恥ずかしい失態を何度も何度も繰り返してきたんですよね。脱童貞した人っていうのは、そうやって悶々としていた時を経て、すっぽぬけなのか本命の待ち玉なのかわかりませんが、チャンスが訪れた時に、勇気を出して思いっきりバットを挿入してヒットだかホームランだかを打った過去があるわけですよ。そういう立場からウダウダ言ってるのを見るとですね、
「バッターびびってるぅ〜」
って思っちゃうんですよね。
「とりあえず振っとけ〜w」なんてベンチでタバコ吸いながらヨタ飛ばしたくなるんですよね。

で、童貞の劣等感とか羞恥心っていうのは、男社会とか男性主導とか大げさな話じゃなくて、セックスをしたいというオスとしての本能がそう思わせているんですよね。性がなんたるかを知らない子供の頃から勃起したり淡い欲情のようなものを覚えたり、それはもう絶対的なものなんです。

例えば仮に女社会でセックスが女主導であったと想像するとですね、
「で、でた〜女主導の社会で童貞奴〜w」
とかいう話になってですね、それはそれで童貞にとって大層残酷なものになるような気がしますし、童貞の劣等感的な感覚も、今よりも強くなるんじゃないかな、って気もします。だって女性が性に対して大らかで開けっぴろげになった社会で童貞とか、オスとしての存在の全否定じゃないですか。僕だったらすみやかに自殺します。
仮に「俺は愛する女性に童貞を捧げるために大切に守っておるのだ」なんて人がいたとしたら、そういう人は上のような劣等感や羞恥心とは無縁のはずですから、バカにされても胸を張っていられるわけですよ。

童貞をこじらせた男子は、「だってやりたいと思ってないんだもん」的なことをのたまいはじめます。もちろんこういう人もいるでしょう。童貞じゃない人にも大勢いるでしょう。そういう人はたいていがめんどくさがり屋さんです。でも、これをそのまま額面通りに受け取ってしまうのはあまりにもウブなのかなって思います。
性欲っていうのは本能ですから。実は「バッターびびってる」状態なんじゃないんですか?って一度疑ってみるのがいいと思います。なんでかっていうと、それは見栄ですから。嘘ついてるわけですからね。そういうのが可愛くみえたりするのかもしれませんが。

マザーテレサの遺した言葉にこんなものがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

こういうことなんじゃないかなって思うんです。
童貞を拗らせたが故に、劣等感からの自己嫌悪から逃避する思考が言葉になって、それがいつしか運命になっていたっていう哀しい物語なんじゃないのかなって。

初体験の後で、急にタメ口になったり、態度がデカくなったり、おもむろに窓を開けて神妙な顔つきでタバコくわえて風に吹かれてみたりする男子が多いのも、ビビってたからなんですよね、女子に。そして男子はたいていそんなもんだと思います。