雑記

真夜中のニャーゴ 火曜日

マルチデバイスニュースメディア「ホウドウキョク」真夜中のニャーゴの見るようになって数ヶ月。火曜日だけですが。山本一郎さんが週一で二時間しゃべるとか、好事家にとっては堪らないんですよね。番組の放送時間が繰り上がったり、新たな発展を匂わせたり…

自動運転車は普及するんやろか?

自動運転車 超楽しみ! - Chikirinの日記トヨタが2020年の実用化目指す自動運転車 実現すれば免許も不要に? - ライブドアニュースそんな世界がくればいいなと思うけど、2020年というのはいくらなんでも気が早すぎる。速度制限について自動運転車は道路交通…

好きを嫌いで伝えられた時、表現が本懐を遂げる

例えば、定食屋の暖簾をくぐり、席についてメニューを眺める。私はとんかつが好きなのでまず「とんかつ」「カツ」という言葉を探す。そんな時に頭の片隅ではこんなことを考えている。「トマトはついてくるんだろうか?」私はトマトが嫌いなので、カツが盛ら…

渋谷ハロウィンイベント後の大量のゴミはモラルやマナーの問題ではない

渋谷のハロウィンが、例のごとくゴミ問題を発生させたとのことで。ハロウィン翌日の渋谷で子どもたちがゴミ拾い 大人たちにモラルを問う声 - ねとらぼ個人的には、まあ盛り上がりたくてやってるわけだから、それはそれでいいじゃないか、と思います。迷惑こ…

ファッションと価値観とへうげもの

ノームコアとマツコ・デラックス思ったことをつらつら書きます。ファッションに正しさを求めるのはどうかと思うけど、TPOに合わせたファッションというものはまぎれもなく存在するので、そういった正しさで判断されるファッションというものはあっていいと思…

嫌われるネット飯ブロガーあるある

ネットで金儲けをしたいっていうのは否定しません。ネットで不労所得が得られるんだったらそうなった方がいいにきまってるじゃないですか。私も広告記事バンバン書いて広告バンバン貼ってガンガン儲けたいですよ。でもそういう記事書くのって難しいなあと思…

欠損女子に感じる違和感

こんなことが話題になっている。義手・義足の“欠損女子”に会えるバーに潜入私はこの記事と反応を見て、気分が悪くなった。砂糖やクリームを大量にブチ込んだコーヒーを飲んでしまった時のようなムカムカである。これがスイーツ脳というやつだろうか。こうい…

言葉が持つイメージと実態の違和感が印象を悪くする

サブカルって語りたくなるじゃないですか。仲間内で吹いてるぶんには「すげー」なんて言われて得意顔できるんですが不特定多数がいる場所で得意げにしったかぶっこくと、普通に咎められるんですよね。で、そういう時に「すいません、ぶっこいてました」って…

何もない部屋に住んだ記憶は、

兄貴の学習机の中に輪ゴムで留められたビックリマンシールの束を見つけた。スチールの工具箱は、子供の頃ミニ四駆のツールボックスとして使っていたものだ。部屋の中には色々なものがある。この間テレビを見ていたら、ミニマリストと称する男の生活が放送さ…

「悪口」と「口が悪い」の違いとスルースキル

私は悪口っていうのは、まあつい言ってしまうこともありますが好きじゃありません。口が悪いと言われたこともあります。で、この二つは間違いなく意味合いが違うわけで、というか全く逆の意味合いを持っているんです。悪口っていうのはこういった特徴がある…

偽名を使わなくなった

どこもかしこも会員登録させたがる。しなければサービスが受けられないところもある。名前はもちろん、住所年齢職業電話番号など、郵便物まで送ってきそうな勢いだ。どうしてサービスの対価は払っているのにそれとは別にただで個人情報を提供しなきゃいけな…

童貞ってビビってるだけでしょ?

女子に童貞のことを教えてあげます。「女の子になりたい」を応援します。あるいは「童貞」「草食系」はいかにして侮蔑語になったか - はてこはときどき外に出る童貞じゃない男性である私から言わせてもらえれば、童貞がバカにされたり同情の目で見られるのは…

イルカを食べたことある人はイルカな?

伊豆の仕出し屋の弁当に入ってたことがあったんですが、とってもまずかったです。わざわざとって食うほどのものじゃないなって。でもそれを獲って食べている人がいるっていうのがどういうことなのかなって想像したら、むやみに否定するようなことじゃないの…

プロブロガーイケダハヤトが一般庶民から理解されないたった3つの理由[PR]

みなさんは、イケダハヤトという方をご存知ですか?一般的には、知る人ぞ知る存在ですが、web界では超有名人です。大活躍しています。一方で、イケダハヤトはwebに生息する一般人の間では大層嫌われています。嫌いな芸能人ランキングで例えると、神田うのと…

ワンナイト狙いw

「女が男を部屋へ招いたらセックスOK」という考えは女にとって恐怖でしかない - 外資系OLのぐだぐだあるよね〜こういうの。「オッケーなんだよな?オッケーでいんだよな?でも打開の糸口が見えない……」「やだ?私やられるの?やられるよね?これ?まあいん…

BGM愛好家ってどれくらいいるんだろうか

こんなのみて面白かったんですけど、いろいろ思うところを。ドラッグえもんとか。昔のドラえもんをツギハギして作ったMAD。LSDといえば、ビートルズが浮かんでくるわけですが、こんなことになっていたんですかね。ダメ!絶対!!のび太のダメっぷりで学ぶ薬…

そろそろ粉雪の準備を始めた方がいい

いまだに毎夜蚊に刺されてはおりますが、夏が去っていくぶん過ごしやすい季節になりました。(ついに蚊を筋肉で捉えることに成功しました)海開きとともに、砂浜から勢いよく飛び出してくるのがTUBEなら、雪とともに、空からさらさらと舞い降りてくるのは「…

ミヤモさんに言及されたんだが、着火点が意味不明すぎる件

なんか凄い勢いで言及されたので、凄い勢いで言及します。長文でーす。ぼくがイケダハヤト氏を「ヨイショ」してるとかマジで笑えるwwwwww - 未来は変えられるの?私がパクリだと書いたのは、今回の記事に限らずちょこちょこあなたのブログを見ていて、何か誰…

子供には、他人の財布の中身を見たがるさもしい大人にはなって欲しくない

これはないわーと思ったので、ほぼ全文を引用しながら私の思ったことを書きます。なぜランドセルは無償支給ではないのか 一部の子供がリュックサックで登校している現実 - さようなら、憂鬱な木曜日その子たちの家庭が金銭的に余裕がなく、ランドセルを買え…

新着エントリー群を彩る、わけのわからないブログたち

玉石混淆という言葉があります。価値あるものと無いものが混ざり合った状態のことです。この言葉から、あなたは玉と石がどれぐらいの割合で配合されていると想像しますか?と言うのも、琴線に触れるブログってなかなか出会うことがないなあ、と思うんですよ…

パクリ記事を一つ見つけたら、その人は必ずたくさんの記事をパクっています。

人の記事の内容をパクるっていうのは、法的にとか以前に人として下衆なんだなあ、と思うわけです。やっぱりパクリ野郎には肥溜めに落ちたり爆発したりして欲しいわけじゃないですか。でも、パクリかどうかってわからないものじゃないですか。例えばこんな記…

声優の女と濡場

昔、バイトしていた職場に、一人の女性が入ることになった。資料整理のために受け取った履歴書を見て、私はアレ?となった。(どっかでみたことある名前だな……)記憶の海をもぐってもぐってやっと思い出した。昔打ったスロットで声を当てていた声優の名前と…

ウイルス化した権力者が庶民に伝染する世の中

ゴルゴ13に「バイルス・チェイス」という話がある。田舎のボロアパートに住む青年がいた。痩せていて眼鏡をかけた青年の身なりはみすぼらしく、商店でカップ麺を買ってとぼとぼと帰る後ろ姿に、近所の主婦たちから後ろ指をさされることもあった。ある日、そ…

誰にも言えない方の悩みについて

誰にだって、悩みってあると思うんですよ。で、悩みっていうのは、相談できるものとできないものと二種類あると思うんです。相談できない悩みっていうのは、例えば、これは共感されないだろうなって思うような下らない事だったり情けない事だったり、誰に言…

いじりはリテラシーの問題で根が深く、炎上はいじりの最新形である

「いじり」という下品な笑い - Togetterまとめいじりについて盛り上がってる。私は芸人が番組の中で行う素人いじりっていうのは別に嫌いではない。私が嫌いなのは、そういったテレビに感化されて勘違いした素人が素人をいじるアレだ。「自分今噛んだ?」だの…

意味合いの違い

ある言葉の意味を調べようと辞書に助けを求めたら、たらい回しにされた挙句に受付に戻ってきてしまい、もやもやが晴れぬまま辞書を閉じる、たまにこんなことがある。そんな言葉は毎日のように私の周りを飛び交っているが、いちいち意味がわからないと頭を抱…

美観管理とボランティアとはてな

いつだったか、暴風を伴う大雨が降った翌日の早朝、散歩に出掛けた。幹線道路から脇に入り、大きな公園沿いの並木道に差し掛かると、イチョウの葉が歩道を覆っていた。それは、長い並木道に敷かれた黄色の絨毯のようだった。濡れた落ち葉で歩道はぬかるんで…

で、でたー!同じこと二回言奴ー!

プライドが高いのかなんなのかわかんないんだけど、同じこと二回言わせる奴っているじゃないですか。「これこれこういうことだから」「わかりました」「ねえ?」「……はい、わかりました」とか「これ頼んだでー」「はい」「なあ?」「……はい……」こんな感じで…

ドンブリの話

まだ、屁に半濁点がついていた頃の話。誰かが言った。「あいつに「どんぶり」といってはいけないよ」後日、私はその友達を見かけた時、もちろん笑顔で呼びかけた。「おーい、どんぶりー」友達は一目散にこちらに駆けてきて、私の胸ぐらを思い切り掴み迫った…

ブレンディのCMから考える、メタフィクションとCMの相性は悪いのか?

インスタントコーヒーはブレンディ派です。ブレンディで作るカフェオレは手軽で美味しいです。そんなブレンディのCMが賛否両論とのこと。はてな界隈でもやいのやいのいうとります。乳牛になった女子高生に「濃いミルクを…」 ブレンディCMに賛否 (withnews…

ニコ生配信中炎上事件の教訓

ニコニコ生放送配信中に火事を起こした男が話題になっている。適当に検索すれば、すぐに動画にたどり着けるだろう。非常に不謹慎な話だが、コントを見ているようだった。それくらい話の流れが私にとってあり得ないものだった。火事が起こるまでの数分間に数…

真面目だから面白い ー日曜美術館ー

NHKの日曜美術館、今日の放送は1983年の番組を特別アンコール。ということだった。作家の池田満寿夫が染色家芹沢銈介の魅力について作品の紹介や本人の映像などをまじえながら大いに語るという、ただそれだけの番組なんだが、近年の番組にはない面白さがあっ…

ロックンロールと将棋

ふとストレイキャッツが聴きたくなる。youtubeって最高。久しぶりのブライアンセッツァーはやっぱりかっこよかった。スリーピースバンドでは一番。ほんと楽しそうで聞いてるこっちまで楽しくなってくる。ロックンロールと将棋ってよく似ている。例えば、チャ…

排便についてのアレコレ

用を足す時間の手持ち無沙汰感がどうにも嫌で、大小関わらずトイレに行くときは必ず本を持っていくのだが、1ページも読み終えることなく場合によっては本すら開かないことがある。「早弁早グソも芸のうち」などという。確かに志村けんのスイカ早食いを見てす…

ネットのステマとテレビ番組のステマ

YouTubeを立ち上げたら「興味ない!」って何度もいってんのにいつもhikakinとはじめしゃちょーが変顔で出迎えてくれます。ネットメディアはステマであふれております。ステマがなんなのか、どういう問題があるのか、ということについては、以下の記事におま…

AVにおもうこと

年を重ねたぶん、鑑賞したAVの本数も増えるわけだが、長年どうしても承服できない苛立ちを抱えている。3Pだ。私は3Pが嫌いだ。どうしようもなく大嫌いだ。男が二人立っていたり、三本目の手が出てきたあたりで停止ボタンを強くねじるように押す。二人で一人…

昭和歌謡に漂う時代の匂い

ふと、ラジオをつけたら野太い良い声。つのだ☆ひろだった。山小舎の灯という曲が流れた。良い曲だった。昭和歌謡を聴くと、たいてい心を奪われる。それは、個人的な好みというのとは違うように思う。その時代を生きている人の哀愁や情念、温かさのようなもの…

ロジックとエモーションのシニカルな関係

血気盛んに上司に食ってかかっていくと必ず「おまえにはまだわからん」といわれた。それでも腹の虫おさまらずぎゃんぎゃんがなり立てては諌められた。話は聞き入れられずとも、相手を引かせたことに内心得意になったりもした。もしかしたらそれこそが目的だ…

忘れられる権利

つい先日、飯島愛のブログが閉鎖になるという記事を読んだ。死亡して七年、飯島愛はこの事実にどんな感想をもつだろうか。人が死んだ場合、役所に届けることで社会的にも死ぬ。自ら社会的な死の手続きはできない。前に、死んだ人間の手続きをせず年金を騙し…

クソバイラルメディアの中の人がやっぱりクソだった件

BSつけたらラグビーW杯スコットランド戦をやっていたのでみていました。圧倒的すぎる。先日の大金星が色々と例えられたのもうなづけます。素人目ながら、紛れが起こる要素が少なすぎるように感じました。とはいえ「どんなもんかなー」なんて鼻くそほじりなが…

クチャラーの共通点

クチャラーっているじゃん?咀嚼の時にくちゃくちゃ音させるやつ。ま、それだけだったら後頭部に棍棒を思い切り振り下ろしたくなるくらいのムカつきで済むじゃん?でもこういうやつがそれだけで済むわけがないわけよ。ご飯をかきこむ時には「ずぉっずぉっっ…

ラグビー日本代表の大金星に思うこと

ラグビー日本代表が歴史的大金星を挙げたとのことです。ラグビーW杯 日本が大金星(2015年9月20日(日)掲載) - Yahoo!ニュース今日の昼に録画放送を見たのですが、観客のラグビーとは縁のなさそうな体型のメガネのおっちゃんが男泣きしていたのがとても印象に…

人工知能が私たちを導く未来

連日の騒動にため息の数が増えるばかりの今日この頃。とはいえ、根本的な問題はいつの時代もどこの世界も変わりなく。感情ばかりが先に立ち「絶対」を求める大きな声に結論どころか議論そのものが成立しない世の中の様々な問題を見ているとやるせなく。かく…

私が泣かした先生

今週のお題「思い出の先生」私が子供の頃は、いたずらしたり言うことを聞かなかったりするとビンタをされたりゲンコツ喰らったりしていました。先生に恐怖しながらも面倒くささや好奇心に勝てず、何度も何度も叱られては拗ね、ゲンコツを喰らっては涙目にな…

やる気スイッチが制御できない

常々気になっていたキーボードの汚れ。ふと思い立ち掃除を始めてしまったが運の尽き。深夜に始めた作業は気の遠くなるような工程を経て、中古屋に並んでいるくらいにはなった。達成感が半端無い。ご満悦でPCの電源を入れると反応しなくなっている。何度ため…

どうしてアフィリエイターの薄い記事を読んでしまうのか

いわゆるアフィリエイターというのを私は興味深くも遠巻きに眺めているんですけど。先日も化粧品会社のおばさんが「銀行の特別枠」とかいかにも嘘臭い手口で100円騙し取った疑いとかあったわけで。詐欺的なことって溢れているじゃないですか。なんというか詐…

白髪

ふとももの毛に、白髪を見つけた。現実が、私に鋭くフォーカスを合わせる。頭髪に白髪を見つけるようになってから、どれくらいたつだろう。鼻毛に白髪を見つけるようになってから、どれくらいたつだろう。髭にはまだ白髪をがない。こうやって老いていくんだ…

随筆 糞

玄関を出てすぐの、小さな庭の片隅の雑草の上に、ちょこんと座る糞をみつけた。毎日というわけではないのだが、またあるんじゃないだろうか、という不安がなくならない絶妙の間隔をおいて、糞はそこに現れる。ある程度の研鑽を積むと、それが人のものである…

蚊が血を吸っている時にその場所に力を入れると管が抜けなくなるという話を聞いたことがあって、機会があったらぜひ試してみたいと思っていたんです。しかし、かゆみの事後報告ばかりでそんなこともすっかり忘れておりまして。さっき手首でチュッチュやって…

イケダハヤト炎上記事と見せかけてブロガー宣伝をぶっこむ

炎上系プロブロガーとしてブログ坂を登りつめたイケダ氏は、高知の宣伝マンとして大活躍され、充実した人生を送っているようでうらやましいかぎりです。久しぶりに気になったのでブログを尋ねましたら、そんな彼のブログは基本的に町の情報誌のような、あり…