雑記

道路の真ん中で踏みつぶされてしまった亀らしき亀を避ける。ああもう夏なんだなあと思う。 でもその亀は一体どこからどうやって現場にたどり着いたのかってのがいつもわからない。まあ近くに池があるんだけど、その池から来たのだとすると直角の壁を数メート…

ワ〜ルドメイト

みすず学苑の広告は、普通の人がまともでないことをやるのではなく、普通でない人がまともなことをやってるっぽくて好ましい - 意味をあたえる 私が東京に住んでいた時、最後に暮らしたマンションの二階のテナントにみすず学苑が入っていた。一階は美容室、…

雑感

ガチャ問題ってかなりまえから言われているけど、ほんとなにも変わらないなあ。パチンコやスロットですら確立を発表しているというのに。まあ裏基盤とかパチ屋や業者がグルになったゴト行為とかもあるから、ルールが強化されてもさらにえげつない手法が出て…

クリスマスが好きではない理由

この時期になると、決まって、サンタはいるのか問答が繰り広げられる。ここでいうサンタとは、親が演じるものでもなければ、何丁目に住んでいるおじさんのことでもない。おもちゃ売り場のレジで支払いをする人たちのことでもない。どこに住んでいるのかもわ…

嗜好の系譜は人それぞれ

好きなミュージシャンが、別の好きなミュージシャンの曲をカバーしていると、とても嬉しくなる。それが知らないミュージシャンの曲でも、たいてい好きになる。そうして過去を遡っていくと、当時はわからなかったつながりが見えてくることがある。それに気づ…

私の人生を狂わせた苦しみ

一年に何回か、地獄の苦しみに悩まされる。足の親指の巻き爪。私の場合は、深爪が、事態をより深刻にしていた。もう何をしても痛い。痛みの描写をしようとすると、グロくなりすぎるので簡単に説明すると、足の指の爪の端が、針のように尖って、肉に食い込み…

自分の中の正しさに反するからといって、相手を排除しようとするのは野蛮で幼稚な行為です

人付き合いって、気苦労が多いじゃないですか。自分が嫌だと思うことを、平気な顔してする人っていますよね。でも、人付き合いって、そういうもんじゃないですか。そういう人たちの行動について、いちいち「そういう人とは付き合いたくない」とか「そういう…

面白い本の探し方

読みたい本がないこういうのあるよね。全然煽ってるように感じなかったのは、増田に共感したからだろう。買いたいものが決まってる状態で本屋に行って他には目もくれずにそれだけ買って帰ることって相当急いでいる時しかない。本屋に行ったら、たいてい目的…

日本の未来は、今よりももっと老人化するようです

次の50年で4500万人 減るということ - Chikirinの日記50年後に人口が4,500万人減るんだと。やっべー。ざっと関東、関西、中部以外の地域の人間全てがいなくなる的なことみたいです。でも元データみたら人口よりもヤバそうな問題が。統計局ホームページ/日本…

環境を変えても、自分は変わらない

自己啓発的な人は、よく「環境を変えると意識が変わるよ自分が変わるよ」なんてことを言う。その主張がなんとも信用ならないものに思えるのは、住む場所を変えよう、とか仕事を変えよう、とか付き合う人を変えよう、とか簡単にできないようなことばかり言う…

冬のひとこま

大型トラックとすれ違う際に見える車内には、ワンピースの海賊旗が掲げられていることが多い。ワンピースの人気が凄い、というよりも年相応の趣向、嗜好の幅が狭くなっているように感じる。ドラゴンボールでいうところの、オレンジの背景に黒丸、そのなかに…

今こそ復活すべきテレビ番組

インターネットが広くゆきわたり、私たちの生活は変わった。そしてテレビ番組は視聴率が取れなくなった。もちろん面白い番組もあるの。しかし芸人、アイドル、役者、出演者はマンネリ化していると言わざるをえない。今のネットは、テレビとは比べるまでもな…

2015/12/11 お金と感情と意思決定の白熱授業の感想【環境デザイン】

NHKの番組「お金と感情と意思決定の白熱授業」を見た。この手の番組にはハズレがない。備忘録がてら走り書き。環境のデザインが人の意思決定に大きな影響を与える。トイレで小便の飛沫が床に飛び散るのを抑えるための便器のデザイン。バイキングでお客が食べ…

人の外見や内面を笑うこと

SNSに投稿し“侮辱” - 道内ニュース -STVJRの車内で顔に障害がある女性を無断で撮影し、インターネット上のSNSに投稿したとして、17歳の女子高校生が書類送検されました。侮辱罪の疑いで書類送検されたのは、札幌市に住む17歳の女子高校生です。女子高…

くりぃむしちゅー上田のくだらない話

くりぃむしちゅーの上田についてふと、思い出したことがあったので書き留めておく。今では雑学と言えば林修だが、かつては上田がその頂点にいた時代があった。雑学王なんて呼ばれていたような気がする。テレビに出てきては雑学を披露し、感心されていた。上…

【サブリミナル】聴くだけでトリップできるというCDについて調べてみた【効果】

私はCDショップに行くと「A」から「Z」まで「あ」から「わ」までをあまねく、舐めるように見ていく癖があります。それで気になったものを事前情報無しに買ってとりあえず聴いてみる。まあ趣味ですね。 ハズレを引くたびに選球眼が鍛えられていく、ような気が…

鬱病に効果があるというアヤワスカの思い出

アヤワスカをご存知だろうか。 アヤワスカ - Wikipedia アヤワスカは、ペルー、ボリビアなどの先住民族の言語であるケチュア語で、「魂のつる」、「死者のロープ」という意味をもつ。「アヤ」は、魂、精霊、先祖、死者などを指し、「ワスカ」は、つる植物全…

たまに広告に出てくるダン・ケネディさんについて調べてみた

はてなブログを見ていて、こういう広告が出てきた経験ありませんか?ダンって誰?聞いたことないんですけど。どうせ架空の外人だろう?って思ったんです。パチンコ雑誌や女性週刊誌によく出てくる「夢が叶うブレスレット」的なものを買って私はこんなに幸せ…

損得勘定で人付き合いを考えてるやつはすぐに裏切るよ

最近こういう記事をちょくちょく目にします。メリットがある人としか付き合わないとか相手にどういうメリットを与えるかとか。お前はシャンプーかっつーの。歴史が証明している例をあげるまでもありませんね。物語でも損得勘定にうるさいやつは必ず裏切りま…

蚊を絶滅させても何も困ることはない

蚊はじんるいの敵もう師走だというのに、今日も蚊に刺されました。蚊の羽音で眠れないのは本当にイライラします。足の指が超痒いです。冬だよ?ちょっと進化しちゃってるんじゃないの?よくよく考えてみたら、蚊ほど人間に対して積極的に攻撃してくる生き物…

どうしてブロガーはプライドが高いのか【三日坊主】

宴もたけなわなようで何よりです。「サラリーマン以外の働き方を認めない人間」と飲む酒は最高にマズかった - 人生いつも三日ボーズ大言壮語というか白昼夢というか。こういうことって結構あるんですよね。若いやつとの酒の席あるある。なにより自分がそうだ…

車から

線路と垂直に交わる道の両端にはサッカーができるくらいの広さの田んぼが広がっている。車に乗ってその道の先にあるコンビニに向かっていたら、一人田んぼに入っていく老人がいた。なんだろうと思い徐行で様子をうかがっていると、あたりをきょろきょろする…

思い出の曲 ー南国育ちー

もう10年くらい前になるだろうか。いわゆる4号機の沖スロで、1ゲームでボーナスが連チャンするタイプのスロットだ。この音楽は、7連チャン以降のビッグボーナス時に流れる。つまり脳汁が一番出ている時だ。しかし、今この音楽を聴くととても切なくなる。それ…

サンディエゴで13人が脱法ハーブで入院

日本の脱法ハーブ事情はよくわかりませんが、最近ニュースで見ることも少なくなってきました。根絶したってわけじゃあないんでしょうが、そのへんどうなっているんでしょうか。たまたま以下のニュースを見つけたので備忘録的に。13 hospitalized in San Dieg…

現場と消費者の間に流れる時間の格差

半日ちょっとでAmazonから荷物が届く社会は狂っている - シロクマの屑籠確かに狂ってると思う。というか狂ってた。私はamazonではないが、配送や物流の現場で働いたことがある。そこはどこも地獄だった。一日中、文字通り休む間もなく動き回る、それはもうロ…

客がいる場所でおばさんをいじめるおっさん

タバコを買いにコンビニへ行った。自動ドアをくぐって一直線に入り口側のーレジへ向かう。すると、奥のもう一つのレジにいる何もやってないおっさんが険しい顔して「レジー、レジー」と声をあげた。調理場にいるのかしら、とレジから覗いて見たが、人の気配…

障害を持つ子供と親に対する倫理的な問題とは

妊娠中に、子供の性別がわかるようになった。しかし、男だから、女だから、産まない、という考えを持っている人は少ないだろう。障害を持っているかどうかも、そのうちわかるようになるだろう。これに関しては、なんとも言えない。産まないという選択をする…

明日になれば忘れてしまうような記事を毎日読んでいる

少し前に面白いブログがないという記事が話題になったり、ブクマスパムどうとかいうのが話題になったり、記事を読んでくれたお礼云々とか、金を払ってブクマを買ってるマッスル馬鹿とか、 ブログ(ネット)をどう使うか論みたいな記事が増えて、私もなにかし…

「フリップやモニタに答えを書く」方式の番組を見ていて思うこと

何かしらの問題が出て、回答者の芸能人がフリップとかモニタに答えを書いてババンッて出すじゃないですか。で、毒舌の芸人司会者が回答を見てツッコんで回るわけじゃないですか。そんな時に漢字を間違っていることっていうのがしばしばあるんですよね。その…

カートコバーンの承認欲求

カートコバーンは27歳の時、ショットガンで頭を撃ち抜いて死んだ。死の真相について様々な憶測が飛び交った。27歳で死んだ数々の天才アーティストとなぞらえて「27歳のジンクス」 などというものがあることを当時の雑誌記事で読んだ。当時の私は、27歳で自決…