やりきれない話

75はないです

不用品を処分しようと家中を引っかき回していたところ、ふとした拍子に体重計を見つけてしまい、つい魔がさして乗ってしまった。75キロという数字を見たときの驚きは、ここ数十年で一番のものだった。ひどい顔をしていただろう。何かの間違いだと思い、三回…

東名高速夫婦死亡事故について思ったこと

最近、高速道路の追越車線で車を止めさせられて絡まれているうちに後ろからトラックに追突されて、っていう事件が話題になっている。もちろんどっからどう見ても出頭した野郎に全面的に非がある事案ではある。なんていうか、死ななくていい人が死んで、殺し…

言葉は無力

父方の祖母がガンになってもう数年、手術したり入院したり、だましだましやってきた。最近調子が悪くなり緊急入院したのだが、病院は居心地が悪いらしく、数日で退院してきた。まあ長く生きて一年くらいらしいのだが、結構ヤバい。何がヤバいって、何がヤバ…

怒ってばかりの人たち

友人の働く配送会社にとんでもなく運転の荒いやつがいて、先日クビになったようだ。その30歳の男は親同伴で面接に来たらしく、入社から月に一回は事故を起こすような人物で、今までクビになっていなかったのが不思議なくらいだったようだ。あまりにも事故が…

しあわせ

友達の会社の同僚が自殺をしたそうだ。会社まで借金取りが居所を聞きに来たようで、もちろん金貸しとは名乗らないんだけど、そういうのは乗っている車と着ている服で分かる。この辺は都会も田舎も変わらない。そしてそれとほぼ時を同じくして家族からも会社…

政治家と芸人ってやってること逆なんじゃないの?

「東北でよかった」“失言”今村復興大臣が正式辞任 二階氏「言葉の誤解、首取るまで張り切らなくても」:朝日新聞デジタル このご時世に考えられないくらいのテンプレ的傲慢権力ジジイ。漫画かっつーの。政治家って弁士でもあるわけだから、良くも悪くも人の…

読み方は読み手の自由とは言うけれども

午後の退屈な一本道の国道で私の前を走っていたトラックの背面は鏡面仕上げになっていた。やや曇りがかってはいたが、私の車や私の後ろの景色がかなり鮮明に映し出されているのを見ながら運転するのはとても不思議な気持ちだった。何に驚いたって、トラック…

以前、夜逃げしたのではないかと疑った、車庫を挟んだ隣の家に住む婆ちゃんは、毎日庭に車椅子を止めて、道路際にしゃがみこんでいる。毎日国道を走っていると、歩道の際にしゃがみ込む爺さんを一週間に一人は見かける。今日は三人見た。全員が全員、同じ行…

響かない楽器を弾くことほどつまらないことはない

いろいろあって、私はすっかり変わってしまった。 ここ数日で、遠い土地の遠い過去との思いもよらぬ再会が二つあった。 一つは、自分史上ワーストファイブに入りが確定している、カオスで奇妙で恥ずい思い出なので省略。 もう一つは、再会というほどの関係で…

「正しい」かどうかではなく「許せる」かどうかで考えれば

はてなブックマークをはじめとしたインターネットでのコメント欄には、なにかにつけて「正しい」「正しくない」と主張する人がたくさんいる。 そういう人は、ほとんどの場合、ある出来事や考え方について「正しい」か「正しくない」かを指摘したがっている。…

比喩を比喩だと見抜ける人でないと難しい

これ読んでヤバいと思った。ちゃんと言葉にしてみようと思います。 サラリーマンをバカにするステレオタイプの言葉の一つとして、「死んだ魚の眼をしたサラリーマン」とか、「通勤電車で死んだ目をしているサラリーマン」というものがあります。 まず、なに…

美少女ウォッシュされたクソゲーばっかりで買う気がしない

最近発売されたPS4、PSvitaソフト「蒼き革命のヴァルキュリア」が、発売早々にして類まれなるクソゲーとして評価が確定したようで非常に残念。これのためだけにハード買うたろかって思ってたくらいヴァルキュリアシリーズが好きだったのに、蓋を開けてみたら…

「生活保護不正受給者はクズ」ジャンパーを着た小田原市の職員は何も悪くない

近いから、というただそれだけの理由で選んだ私の母校の制服はクソダサい。雑草を搾ったような色したブレザーに、おじいちゃんが履いてそうなうんこ色したスラックス。靴は白一色。ジャックパーセルすら許されない。そんなクソダサい制服をだらしなく着た高…

ラーメン

東京に住んでいたころは毎日食べていたくらいラーメンが大好きなんだけど、一番うまいラーメンは今でもやっぱる実家のそばの中華そば屋。物心ついたころから通ってるからほとんどソウルフード化しててるのを勘定から差し引いてもベスト5には入る。めっちゃ頑…

病院の待ち時間が原始的すぎる件

ジャケットのポケットに文庫本を放り込み、検査の出来る病院への紹介状を書いてもらうべく、私は病院へ行った。待つのが嫌だから開院前に受付を済まそうとしたのだが、既に老人でいっぱいだった。狭い待合席で肩をすくめてテレビを見ながら待っていたら、エ…

コカインの隠語としての「チャーリー」

成宮寛貴のスキャンダラスな事態が世を賑わせております。 ワイドショーを見てたら、成宮寛貴は「チャーリー」という、最近一部で使用されている隠語を用いてコカインを発注していたのではないかと報じていました。 で、「チャーリー」と言えば、レッチリで…

スポーツからスポーツマンシップが消えた

ちょっと古い話だが、野球の日本シリーズ第2戦目の中盤の勝負所でとても際どいクロスプレーがあった。審判はセーフと判定したのだが物言いがつき、異例のスロービデオ判定となった。スロービデオ判定の結果、キャッチャーはランナーに触れていないことがしっ…

アダルトビデオ化したコンテンツしか売れない日本に未来はあるのか

大人になってから、いわゆる萌え系と言われるアニメやライトノベル的というかまあそっち系のアニメを見る機会が増えた。それは寝る時間が遅くなり、深夜にテレビを見ることが多くなったからであり、その時間帯にやっているアニメの99%がそっち系のアニメだか…

言葉には罪も徳もない

言葉に罪はない。 だから、ある文脈から発せられた言葉に対して文脈を切り取り、言葉だけを指差して差別だなんだとわめくのはあまりにも拙い。むしろ誰より差別心が強いのだろうと思うほど幼い。子供が駄々をこねるのならまだ可愛げもあろうが、大の大人が目…

重度の障害を持つ人はどういう人か

一口に障害といっても、程度はさまざまだ。障害は、第一級から第十四級までの等級が定められている。それによって障害者年金の額や、受けられる支援の幅が決まる。国やそれに準ずる機関によって等級が認定されると、障害者手帳が交付される。この手帳を持っ…

相模原障害者施設大量殺傷事件に思うこと

とんでもない事件が起こってしまった。 障害者が利用する施設は、その運営に障害者の家族が関わっていることがとても多い。事件が起こった津久井やまゆり園も同様だ。なぜなら、障害者は、一人では生きてはいけないからだ。人生において誰の身にも平等に降り…

人気と実力は見合っていなければいけないよな

昨日も閉店セールをやっていた古本屋に行った。 この間に行ったときは、まだ通常営業時のような体裁を保っていたが、今はもう空になった棚の方が多い。本の並びも若干ばらけてきた。カゴに入れた本を、物色中の棚に戻す人がいるからだろう。わたしは少しでも…

どんな人が理想論や抽象論に陥るのか?

☆☆ 質問はここから ☆☆我家は永江さまのお陰でコピーライター教室に通い、熊本へふるさと納税をし、Panasonicのカメラを購入し(我家ではインスタ専用カメラと呼んでいます)…なんだかすごくお金を使っていると気づいた今日この頃ですw本日は久々の質問になり…

なんてキミドリだ、今日

親族が一同に会することなど、何年ぶりだろうか。一昨日の午後、母に電話がかかってきた。あわただしく家を出て行った母から電話があり、祖母の死を知った。もう危ないらしい、と聞いてから、すぐのことだった。祖母には三人の娘がおり、末っ子がわたしの母…

死にゆく人にできること

いつだったか、日本最大の医療グループ徳洲会の創設者であり理事長、衆議院議員まで務めた徳田虎雄なる人物がテレビニュースに出てメッセージを発したときの、その仰々しさと、普段では考えられないような破格の扱いと、その様相の痛ましさをありありと覚え…

チャンバはバーチャン

これが 若さと いうけれど好きで 迷って きたようなやさしさ ひとひら あるならばなにもいわずに 消えてくれひっさびさにパチンコをやりにいって、遊パチにキャプ翼があったので懐かしいねーなんつって座ったら、となりのチャンバも走るレベルで連チャンする…

BONNIE PINKと中島らも

BONNIE PINK の世界 その1 - のえる(仮)のなんでもかんそうぶん懐かしいなんて言うと失礼なのだが、BONNIE PINKと聞くと、中島らもを思い出す。まだ危険ドラッグが合法ドラッグと呼ばれていた頃、中島らもの小説「永遠も半ばを過ぎて」の映画化「lie lie l…

自殺をした人の話

友達の高校時代の友人(以下K)は、見た目良く、ユーモアがあり、機知にも富んでいたが、集団行動を好まず、いつも一人でいたそうだ。友達は無垢で無邪気なやつだったので、例外的にKと友達になった。高校を卒業し、友達は上京した。数年が経ったとき、地元…

Xゲーム見てると日本に腹が立ってきた

たまにNHKBSで放送されるXゲームのダイジェストを、ささやかな楽しみとしております。スノボーやらモトクロスやら、日本では実現できないだろうなあ、と思うほどの規模の盛り上がりを見て、少し腹がたちます。どうして日本ではこういうエンタメが下火なのか…

アレの話

どうしてブログ記事としてあげたのか。少なくない人に見られることがわかっていながら。どうして不特定多数の目に触れるような形で拡散されるような方法をとったのか。それによる当人のダメージに想像が至っていながら。これによって事態が悪化したとしたら…