2016-08-15から1日間の記事一覧

わたしが出会った陰陽師

きのうのつづき。 昨日は京極夏彦の処女作であり、京極堂シリーズ第1作目を読んだ感想を書いたが、この物語の一番重要な役割を演じている京極堂こと中禅寺秋彦は陰陽師だ。 わたしは過去に、ある作家の先生の使い走りのようなことを少しだけやっていたことが…

のろい

京極夏彦「姑獲鳥の夏」読了。 寝る間を惜しんで本を読むなんてどれくらいぶりだろう。京極夏彦を読まずに生きてきたことがとても恥ずかしく、もったいないことをしたと思った。もっと多感なころに出会いたかった。 この世に起こる悲劇は、すべて呪いで説明…